中古車バブルの今が狙い目!

今、中古車買取価格は高騰しています。
車を売るには絶好のタイミングです。
しかし、しつこい営業は疲れますよね。
そこでしつこい営業が一切なく、高額で売れるサービスを厳選しました。
もちろん見積もりだけでもOK。

詳細はこちら

【愛車を手洗い】コイン洗車場の使い方は?NG行為とは?

洗車

手洗い洗車したいけど、場所がないんだよな・・・

 

愛車は洗車機ではなく、できるだけ手洗いしたいですよね。しかしアパート住みの人や自宅に洗車する十分なスペースがない人はなかなか手洗い洗車できないと思います。

そこで便利なのが、コイン洗車場です。

このコイン洗車場、初めて利用するときはなかなか緊張しますよね。しかしコイン洗車場の使い方やマナー、ルールを知ってしまえばそれほど敷居の高いものではありません。

この記事ではコイン洗車場の使い方やマナー、やってはいけないNG行為をご紹介します。

 

コイン洗車場とは?

コイン洗車場でできること

コイン洗車場とは、備え付けの高圧洗浄機を使って洗車することができる場所です。

コイン洗車場一番の魅力は、愛車を自分で手洗いできるということです。本当は手洗いしたいけど、自宅やマンションに洗車するスペースがないという人の強い味方です。

また高圧洗浄機を使えるので普段は洗車できない下回りの洗車や、ボディの隙間に入り込んだ細かい砂などをかき出すことができます。

コイン洗車場の敷地は基本的に広いので、時間をかけて丁寧に拭き上げができたり、持参したワックスやコーティング剤を施工できるのもコイン洗車場の魅力です。

基本は硬貨を投入して使用しますが、プリペイドカードを使ってお得に洗車できることも多いです。定期的に利用する場合はこのプリペイドカードを使ってお得に洗車していきましょう。

またコースを選べる場合が多く、水洗いのみから洗剤やワックスが噴射されるコースなど、自分に合った洗車方法を選べます。

そのほか、ガソリンスタンドなどでよく見る門型洗車機を設置している場所もあります。

時間を気にせず丁寧に拭き上げたい人にコイン洗車場の門型洗車機はおすすめです。

POINT
POINT

・コイン洗車場では、高圧洗浄機を借りて自分で洗車できる
・持参したワックスやコーティング剤を施工できる

・ガソリンスタンドなどでよく見る門型洗車機もある

 

 

料金

コイン洗車場の高圧洗浄機は、1回あたり500円から800円が一般的です。

また100円玉しか受け付けていない場合が多いので、あらかじめ100円玉は用意しておきましょう。コイン洗車場に設置してある自動販売機で崩そうと思っても、みんな考えることは同じなのでつり銭切れになっていることが多いです。

定期的にコイン洗車場を利用する場合はプリペイドカードの購入がおすすめです。コイン洗車場がプリペイドカードを扱っている場合、このプリペイドカードを購入すれば1回あたりの利用料金が安くなるのでおすすめです。またプリペイドカードの購入はお札OKの場合が多いので、わざわざ小銭を用意する手間も省けます。

門型洗車機の利用料金はコースによって大きく異なり、200円から2,000円が一般的です。しかし、門型洗車機の2,000円コースで洗車するならKeePerで手洗い洗車をお願いするか、コーティング剤を持参したほうが圧倒的にコスパはいいです。なのであまり高額なコースはおすすめはしません。

・高圧洗浄機:400円~800円
・門型洗車機:200円~2,000円

コイン洗車に必要なもの

コイン洗車場では高圧洗浄機を借りることはできますが、バケツやスポンジは持参する必要があります。

また高圧洗浄機は利用時間が決まっており(手洗い時間は5分から7分など)、スムーズに洗車を行うためにも必要な道具は揃えておきましょう。

コイン洗車で必要になるものを下記にまとめてみました。

バケツ(必須)
スポンジ2つ(必須)
マイクロファイバークロス(必須)
・ワックスやコーティング剤
・カーシャンプー
・脚立
100円玉(必須)
順番に解説していきます。

バケツ(必須)

洗車するときバケツは必須になります。10円または無料で水を入れられるので、カーシャンプーを泡立てたり、スポンジやマイクロファイバークロスを洗うことができます。

また、カーシャンプーやマイクロファイバークロスなどを収納する入れ物としても使えるので、持っておくべき洗車アイテムの一つです。

スポンジ2つ(必須)

スポンジは、洗車するときになくてはならないアイテムの1つです。また、下回りで使うスポンジとボディを洗うスポンジで分けるため2つ用意しましょう。

下回り(タイヤやホイール)には細かな砂やほこりがたくさんついており、下回りを洗ったスポンジでボディを洗車してしまうと細かな砂などが原因でボディに傷がついてしまいます。

この傷はコンパウンドで塗装面を磨かないと落ちない傷なので注意しましょう。

マイクロファイバークロス(必須)

マイクロファイバークロスも洗車するときに必須のアイテムです。拭き上げで使用するクロスなので、一般的な布ではなくマイクロファイバークロスなど吸水性に優れたものを使いましょう。

この拭き上げを怠ってしまうと、水ジミ(イオンデポジット・ウォータースポット)の原因になるので注意してください。水分が乾く前に拭き上げれば問題ありません。

ワックスやコーティング剤

ワックスやコーティング剤を施工したい場合は持参しましょう。コイン洗車場は基本的に敷地が広く、持参したワックスやコーティング剤を施工することができます。

門型洗車機のコーティングよりコスパがよく、ボディのツヤ感もアップするのでぜひ持参することをおすすめします。

カーシャンプー

コイン洗車場によっては、洗剤コースを選んでも泡がいまいちな場合があります。泡立ちが悪いものでボディをこすると傷の原因になってしまいます。

そんな時はカーシャンプーを持参しましょう。しっかりと泡立てたカーシャンプーなら、傷のリスクも低減されます。水道を借りられることが多いので、バケツでしっかりと泡立てて洗車しましょう。

おすすめのカーシャンプーは、ソナックスのグロスシャンプーです。

脚立

大きめの車を洗車する場合は脚立が必要です。脚立がないとルーフやフロントガラスがスムーズに洗車できません。

コイン洗車場に備え付けの台があったりしますが、他の人に使われていたり使い勝手がいまいちなこともあるので脚立は持参することをおすすめします。

100円玉(必須)

コイン洗車場は基本的に100円硬貨しか使えないことが多いです。(プリペイドカード購入は除く)
その場で崩せればいいですが、自動販売機はつり銭切れだったり管理人がいないこともあるので100円硬貨はあらかじめ準備しておきましょう。
最悪の場合、移動して他の場所でお札を崩すことになってしまいます。



コイン洗車場の使い方

コイン洗車場を初めて使うときは使い方がよくわからず不安ですよね。しかし事前に使い方がわかっていればかなり敷居は低くなると思います。

では具体的にどのようにコイン洗車場を利用すればいいのでしょうか?詳しく解説します。

車を洗浄スペースへ移動させる

まずは洗浄スペースへ車を移動させましょう。車を移動させたら、周りの迷惑にならないようエンジンを切りましょう。

高圧洗浄機が設置してあり、水しぶきが飛ばないようパネルが設置してある場所が洗浄スペースになります。すべて埋まっている場合は拭き上げスペースなどで空くのを待ちましょう。

カーシャンプーの泡立てなどは事前に準備する

持参したカーシャンプーを使う場合は、あらかじめ泡立てておきましょう。水道は無料や10円程度で使えることが多いので利用しましょう。高い位置から水を入れることによって、泡立ちやすくなります。

高圧洗浄機は使える時間が限られており、事前の準備が不足していると車を洗い終える前に時間切れとなってしまいます。このほか、洗車に必要なスポンジや脚立もこの時に用意しましょう。

機械にお金を投入しコースを選ぶ

事前準備ができたら機械にお金を投入します。おつりは出ないこともあるので注意してくださいね。購入したプリペイドカードがある場合はプリペイドカードを投入してください。

水洗いコースやシャンプーコースなど自分に合ったコースを選択し、いよいよ洗車スタートです。

スタートボタンを押し、洗車スタート

スタートボタンを押して洗車スタートです。

高圧洗浄機は必ず両手で持ってください。場所によっては水圧が高く危険なためです。また、時間が限られているため早く正確に作業するためにも両手で洗浄しましょう。

作業は、上から下に汚れを落とすと効率的です。

洗車終了後、拭き上げスペースへ車を移動させる

作業が終わったら拭き上げスペースへ車を移動させましょう。洗浄スペースでの拭き上げは厳禁です。

この拭き上げも妥協せずしっかりと行ってください。そのまま放置してしまうと、イオンデポジットの原因になります。

イオンデポジットの主な原因はミネラルであり、水道水には雨水と比較にならないくらいのミネラルが含まれています。結果、水道水は雨水よりも圧倒的にイオンデポジットができやすいので早めに拭き上げましょう。

コーティングを施工し作業終了

持参したコーティング剤がある場合は最後にコーティングしましょう。洗車前に比べると、愛車が見違えるほど輝きます。

コイン洗車場の敷地は基本的に広く、コーティングも自由に行うことができます。簡易系コーティング剤(ポリマーコーティング)なら拭き上げと同時に施工でき、ツヤ感も得られるのでおすすめです。





 

理想的な手洗い洗車のやり方

手洗い洗車もやり方を間違ってしまってはきれいになるどころかボディに傷をつけてしまいます。

カー用品店として有名なジェームスですが、手洗い洗車方法を詳しく記載している記事があります。

人によって洗車のやり方は違いますが基本は同じです。ぜひこの記事を参考にしてみてください。

手洗い洗車のやり方と必要な道具とは?プロの技をご紹介 | 洗車の教科書 | カー用品のジェームス
手洗い洗車のやり方の基本が分かる!セルフ洗車のやり方には押さえておきたいポイントがあります。ここでは洗車の手順から揃えておきたい道具までカー用品のジェームスが分かりやすく解説します。

 

やってはいけないNG行為

コイン洗車場は、マナーが守られているからこそ気持ちよく利用できる場所です。多くの人が利用する場所だということを忘れず、最低限のマナーは守っていきたいですよね。

しかし、マナーが守られていないと多くの人が迷惑してしまいます。

ここでは、やってはいけないNG行為をご紹介します。

洗車スペースに車を止めたまま

洗車スペースは数が限られており、空くのを待っている人もいます。洗車が終わったら速やかに拭き上げスペースへ車を移動させましょう。

もちろんですが、洗車スペースに車を停車させたまま他の場所へ出かけるのもNGです。

高圧洗浄機を上に向ける

洗車スペースは1台1台パネルで仕切られていますが、高圧洗浄機は水圧が強いので上に向けると水しぶきが隣の車まで簡単に飛びます。

せっかく洗車したのに水しぶきで汚されてしまったら嫌ですよね。

高圧洗浄機は極力下に向けて洗車しましょう。

エンジンを切らない

これは一般的なマナーですが、停車時は必ずエンジンを切りましょう。また、音楽を大音量で聞くのも近隣住民の迷惑になるので気をつけましょう。

特に深夜は、騒音に関するトラブルが多いので注意してください。



まとめ

この記事では、コイン洗車場の使い方からNG行為までご紹介しました。コイン洗車場の使い方を覚えると、手洗い洗車がものすごく楽しくなりますよ。

洗車機も便利ですが、丁寧さに欠ける部分があります。手洗い洗車は丁寧に洗うことができますし、車への愛情が深まります。

コイン洗車場の敷居が高くなかなか利用できなかった人もいるかもしれませんが、初めて利用する人はみな同じです。

これを機にぜひ利用してみてください!

タイトルとURLをコピーしました