中古車バブルの今が狙い目!

今、中古車買取価格は高騰しています。
車を売るには絶好のタイミングです。
しかし、しつこい営業は疲れますよね。
そこでしつこい営業が一切なく、高額で売れるサービスを厳選しました。
もちろん見積もりだけでもOK。

詳細はこちら

【あっという間に落ちる?】車についた水垢やイオンデポジットの落とし方を徹底解説!

洗車

 

梅雨の時期や仕事が忙しい時は、なかなか洗車できないことってありますよね。しかし、しばらく洗車していないと洗車機や手洗い洗車でも落ちない汚れは発生してしまいます。

白い車は黒い筋のような汚れが目立ってしまったり、黒い車は白っぽいシミができてしまったりします。

これらは水垢、イオンデポジット、ウォータースポットなどと呼ばれています。できることなら簡単に除去したいですよね。

この記事では、水垢やイオンデポジットの落とし方から対策方法まで詳しく解説します。

 

水垢・イオンデポジット・ウォータースポットの違い

洗車では落ちない汚れは主に水垢、イオンデポジット、ウォータースポットの3つに分けられます。これらはそれぞれ対処方法が異なるので、まずはどのタイプの汚れなのか把握する必要があります。

まず水垢ですが、排気ガスやワックスの油分が雨によって流れこのような黒い筋になります。

ドアノブやサイドミラー、ヘッドランプの下など隙間があり水が縦に流れるところに発生しやすいです。黒っぽい汚れのため、明るい色の車は特に目立ちます。

カーピカネットより引用

次にイオンデポジットですが、水に含まれるミネラルが主な原因であり白いリング状に残ったものです。ボンネット上に発生することが多いです。

雨水にも多少のミネラルは含まれていますが、水道水には雨水の何倍ものミネラルが含まれています。よって水道水で洗車した後、拭き上げを怠るとすぐにこのイオンデポジットが発生してしまいます。

カーピカネットより引用

最後にウォータースポットですが、ボディについた水滴がレンズの働きをして日光を集め、ボディの塗装面が焼けたり凹凸ができてしまうことです。

これはただの汚れとは異なり、通常のクリーナーでは落ちません。コンパウンドで磨くなど、別の対応が必要になります。

夏場に発生することが多く、雨上がり後の強烈な日差し、炎天下での洗車などが原因でボンネットやルーフに発生しやすいです。

カーピカネットより引用

 

以上が水垢・イオンデポジット・ウォータースポットの違いになります。

ではそれぞれどのように落とせばいいのでしょうか?また、あらかじめ予防する方法はあるのでしょうか?詳しく解説していきます。

 

水垢について

カーピカネットより引用

水垢の落とし方

汚れの成分は主に油なので、発生してすぐはカーシャンプーで落とすことができます。しかし、時間が経過するといくらカーシャンプーで洗っても落ちなくなってしまいます。

そこでおすすめなのが、リンレイの水垢スポットクリーナーです。

使い方も簡単で、スプレーして拭くだけです。かなり強力なのですぐに汚れを落とすことができます。コンパウンドは入っていないので、ボディに優しいです。

実際に僕も愛用していますが、強力なので古いコーティングも簡単に落ちました。この水垢スポットクリーナーはコーティング前の下地処理としても活躍しそうです。

※ガラスコーティングも落としてしまう可能性があるので、使用する場合はガラスコーティング未施工の車をおすすめします。ガラスコーティングを施工した車には、施工したガラスコーティング専用のクリーナーをお使いください。

水垢がつかないようにするには?

水垢は主に油が原因で発生します。よって、普段から定期的な洗車を心掛けていれば水垢はあまり発生しません。

また、ワックスを使っていて水垢が発生する場合はガラスコーティングやポリマーコーティングをおすすめします。ワックスの油が原因で水垢が発生する場合もあるからです。

POINT
POINT

・普段から定期的な洗車を心掛ける
・ワックスを使っている場合はガラスコーティングやポリマーコーティングに変更する

 

イオンデポジットについて

カーピカネットより引用

イオンデポジットの落とし方

イオンデポジットの主な成分はミネラルなので、水垢同様こびりつく前ならカーシャンプーで落とすことができます。しかし、このイオンデポジットも時間が経過すると普通の洗車では落ちなくなってしまいます。

イオンデポジットには、専用のイオンデポジット除去剤をおすすめします。

一度では落とせなくても2,3回繰り返すことで落ちることもあるので、何度かチャレンジしてみてください。

これらの商品を使っても落ちない場合や長年放置してしまったイオンデポジットは、コンパウンドで磨くか、近くのカー用品店に相談しましょう。

※ガラスコーティングも落としてしまう可能性があるので、使用する場合はガラスコーティング未施工の車をおすすめします。ガラスコーティングを施工した車には、施工したガラスコーティング専用のクリーナーをお使いください。

イオンデポジットがつかないようにするには?

こちらも基本は定期的な洗車です。イオンデポジットが発生しても、経過時間が短ければ簡単に落とすことができます。

また水道水で洗車した場合、水分を蒸発させる前に拭きとることが予防につながります。炎天下での洗車を避けることや洗車後の拭き上げを入念に行うようにしましょう。

POINT
POINT

・普段から定期的な洗車を心掛ける
・炎天下での洗車を避け、拭き上げは怠らない

ウォータースポットについて

カーピカネットより引用

ウォータースポットの落とし方

ウォータースポットは塗装面にダメージがある状態なので、クリーナーなどでは落とすことができません。

症状が軽い場合はコンパウンドで磨くことで落とせます。しかし、基本はカー用品店や板金屋さんなどのプロにお任せすることをおすすめします。

ウォータースポットがつかないようにするには?

ウォータースポットはボディについた水滴がレンズの働きをして日光の熱を集め、ボディにダメージを与えることで発生します。

夏場の急な雨などには対応できませんが、普段の洗車なら気を付けることができます。こちらも基本的なことですが、炎天下での洗車は避けましょう。朝や夕方など、日差しが弱い時間に洗車することでウォータースポットの発生を予防することができます。

POINT
POINT

・炎天下での洗車は避け、朝や夕方の日差しが弱い時間帯に洗車する

コーティングでボディを保護する

コーティングを施工すれば水垢やイオンデポジットが発生しないというわけではありませんが、ボディを保護することはできます。

簡易系のコーティング剤なら施工が簡単で、価格は安いもので2,000円から購入できます。安価でもツヤや保護性能がしっかりしているコーティング剤もあります。

このブログでは、洗車やカーコーティング、カーメンテナンスについてご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

カーケアについてもっと見る

 

まとめ

この記事では、水垢・イオンデポジット・ウォータースポットそれぞれの特徴や落とし方、予防方法について解説しました。

コーティングを施工することで、ボディを保護することもできます。また、コーティング剤ならではのツヤも手に入れることができます。

愛車はいつまでもきれいな状態で乗っていたいですよね。適切なカーケアで、愛車を常にピカピカに保ちましょう!

タイトルとURLをコピーしました