中古車バブルの今が狙い目!

今、中古車買取価格は高騰しています。
車を売るには絶好のタイミングです。
しかし、しつこい営業は疲れますよね。
そこでしつこい営業が一切なく、高額で売れるサービスを厳選しました。
もちろん見積もりだけでもOK。

詳細はこちら

【最強は間違い?】車のガラスコーティングにデメリットはあるの?

ガラスコーティング

 

ガラスコーティングはカーワックスや簡易系コーティング剤に比べて高価な分、性能は一番だと思いますよね。

ガラスコーティングと聞くと、「高級なコーティング」「艶や撥水、耐久性が抜群」といったイメージが強いのも事実。

そんなガラスコーティングにデメリットはあるのでしょうか?

実は、カーワックスや簡易系コーティング剤に比べてすべての面で優っているのかというとそうではありません。

ワックスと簡易系コーティングの違いについてはこちら

【比較】ワックスとコーティングの違いはなに?どっちがおすすめ?
ワックスとコーティングの違いは何なのか、それぞれのメリットとデメリットを解説。また、おすすめはどっちなのかも紹介します。

この記事ではガラスコーティング特有のメリット、意外と知られていないデメリットについてご紹介します。そしてガラスコーティングの本当の魅力を知っていただければと思います。

 

そもそもガラスコーティングとは?

ガラスコーティングは名前の通り、塗装面をガラスの被膜で覆うことによってボディを傷や汚れから守るためのコーティングです。

カーワックスや簡易系コーティング剤と違って、コーティング剤が硬化するのが大きな特徴です。また丈夫なガラス被膜を形成するので、カーワックスや簡易系コーティング剤よりも何倍もの耐久性を誇ります。

一般的にガラスコーティングは無機質、ガラス系コーティングとポリマーコーティングは有機質といわれています。無機質コーティングと有機質コーティングでそれぞれどんな違いがあるのでしょうか?

無機質コーティングの特徴

無機質のコーティングなので紫外線に強い

無機質のガラスコーティングは紫外線による劣化が少ないです。そのため、一度施工してしまえば最低でも1年以上はガラスコーティングが持続するでしょう。

透明で丈夫な被膜を形成するのでキラキラした光沢になる

無機質のガラスコーティングは透明で厚い被膜を形成するのでキラキラした光沢になります。そして塗装面に一枚膜が張ったような状態になります。キラキラした光沢というのは、ワックスのぬらっとした油のような艶とは違い、キラキラと眩しい、上品な光沢です。

被膜が強固なので細かな傷が入りにくい

ワックスや簡易系コーティングは被膜が弱いため、細かな傷がどうしても入ってしまいます。しかし、無機質のガラスコーティングは硬度が高いため、傷が入りにくくなります。濃色車は細かな傷が目立ちやすいため、このガラスコーティングは大きなメリットになると思います。

無機質のコーティングなので有機汚れが付着しづらい

無機質のコーティングは有機物が付着しにくいです。外の汚れはほとんど有機汚れなので、仮に汚れが付着しても水洗いでさっと流せるようになります。

有機質コーティングの特徴

無機質コーティングに比べ、比較的安く施工できる

有機質コーティングは無機質ガラスコーティングに比べて施工時間が短くて済み、なおかつコーティング剤も安いです。本格派ではなく、手軽にコーティングしたい方は有機質コーティングをおすすめします。

艶と光沢が出る

無機質のガラスコーティングはキラキラした艶が特徴的ですが、有機質のコーティングはぬらっとした艶が特徴的です。これは好みが分かれる部分でもあります。

有機質のため、紫外線や有機汚れに弱い

無機質のガラスコーティングは有機質汚れに強いですが、有機質のコーティングは塵や排気ガスなどの有機汚れが付着しやすいです。これらの汚れは有機質のコーティングに定着してしまい、普段の洗車ではなかなか落とすことができなくなってしまいます。結果、どんどん汚れが蓄積されてしまいます。よって、定期的なコーティングリセットが必要です。

無機質ガラスコーティングに比べると傷が入りやすい

無機質のガラスコーティングは被膜が硬化し、傷が入りにくくなります。しかし、有機質のコーティングはガラスコーティングのような硬化はありません。つまり、普段通りの使用でも細かな傷がつく可能性があります。

 

ガラスコーティングのメリット

これは先ほどご紹介した無機質コーティングの特徴と重なる部分がありますが、ガラスコーティングには以下のようなメリットがあります。

・無機質のコーティングなので紫外線に強い
・透明で丈夫な被膜を形成するのでキラキラした光沢になる
・被膜が強固なので細かな傷が入りにくい
・無機質のコーティングなので有機汚れが付着しにくい

特に紫外線への強さと有機汚れへの強さは、ガラスコーティングの大きなメリットです。

まず紫外線に強いことで、ガラスコーティングの持続性は有機系のコーティングに比べてはるかに高いです。

1回の施工はガラスコーティングのほうがコストがかかってしまいますが、その後の手入れや持続性を考えると、ガラスコーティングには価格相応の価値があると思います。

また、有機汚れに強いことで、コーティング後の洗車が圧倒的に楽になります。

ガラスコーティングのデメリット

ここまで優れたガラスコーティングは最強のコーティング剤なのでしょうか?

答えはNOです。以下にガラスコーティングのデメリットをまとめてみました。

・ほかのコーティングに比べて高額
・施工にある程度の知識と時間がかかる
・ワックスのようなぬらっとしたツヤ感は出ない
3つほどデメリットを上げましたが、特に「ほかのコーティングに比べて高額」という点はガラスコーティングの大きなデメリットとも言えます。
業者に依頼する場合、車のサイズにもよりますが5万~10万前後はかかります。1回の施工で5万円~10万円はよっぽどのお金持ち以外は躊躇してしまうのが普通です。
ではこのガラスコーティング、価格に見合った効果は得られるのでしょうか?

高いけどやる価値はあるの?

ガラスコーティングは普通のコーティングやワックスに比べてかなり高額ですが、やる価値はあるのでしょうか?

答えはYESです。

先ほどもご紹介したように、ガラスコーティングには今までのコーティングに無いような様々なメリットがあります。

そして1回あたりの施工は高額ですが、ガラスコーティングは持続性が高いのでワックスや簡易系コーティングに比べると施工する回数が圧倒的に少なくなります。

ワックスや簡易系コーティングの持続期間は約1か月~2か月程度ですが、ガラスコーティングは1年以上効果が持続するものがほとんどです。

1回あたりの施工価格は安いコーティングやワックスも、持続期間が短いのでそれなりのメンテナンス回数、お金がかかります。

そのため持続性が低いコーティングを何回も施工するより、高性能なガラスコーティングを一度施工することをおすすめしています。

 

ガラスコーティングはDIYで施工できる?

ガラスコーティングに興味はあるけど、高額だからと諦めている人もいるかもしれません。しかしこのガラスコーティング、DIYで施工できることをご存じですか?

一番はプロにお任せすることですが、お金をあまりかけずにガラスコーティングを施工したいという人にはDIYをおすすめします。

DIYで施工する場合、安いものだと1万円~2万円で施工が可能です。

しかしガラスコーティングは硬化型のコーティングなので、失敗してしまうと修正が難しいです。

このブログには実際にガラスコーティングを施工した記事があるので、ガラスコーティングのDIYを検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

【強撥水】フラッシュリーδを施工してみた!その実力とは?
フラッシュリーδの施工方法、ツヤ感の変化をわかりやすく丁寧に解説します!1回あたり700円なのでとってもコスパがいいガラスコーティング剤です!

 

まとめ

この記事では、ガラスコーティングの特徴、メリット、デメリットについてご紹介しました。

ガラスコーティングは他のコーティングやワックスに比べて高性能な部分が多いですが、高額なのがネックですよね。

しかしDIYで施工すれば、業者に依頼するよりもかなり出費を抑えることができるのでおすすめです。

出費を抑え、手軽にガラスコーティングを施工してみませんか?このブログでは、ガラスコーティングや洗車をメインに扱っているので、ぜひ他の記事もご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました