中古車バブルの今が狙い目!

今、中古車買取価格は高騰しています。
車を売るには絶好のタイミングです。
しかし、しつこい営業は疲れますよね。
そこでしつこい営業が一切なく、高額で売れるサービスを厳選しました。
もちろん見積もりだけでもOK。

詳細はこちら

車のガラスコーティング施工後の手入れ・メンテナンス方法とは?

ガラスコーティング

 

流行りのガラスコーティングを施工すると、キラキラ輝くような艶と撥水性に驚く人も多いと思います。また、汚れが落ちやすいので洗車が楽ですよね。

もともと耐久性が高いガラスコーティングですが、日々の手入れ・メンテナンス次第でガラスコーティングの持続期間は大きく変わってきます。

ガラスコーティングはワックスや簡易系コーティング剤よりも高価な分、できるだけ長持ちさせたいですよね。

この記事では、ガラスコーティングを長持ちさせるための手入れ・メンテナンス方法をご紹介します。

 

ガラスコーティングしても基本は洗車

ガラスコーティング施工後、一番手軽で一番効果がある手入れ・メンテナンス方法は何だと思いますか?

それは定期的な洗車です。

基本的なことですが、これによってガラスコーティングの持続期間は大きく変わります。

 

ガラスコーティングしたし、しばらく洗車しなくてもいいでしょ

 

こんなふうに思う人もいるかもしれませんが、これは間違った知識なので注意してください。

確かにガラスコーティングは汚れが落ちやすくなり、水洗い洗車でも簡単にきれいになります。しかし、汚れがつかないというわけではありません。

洗車をしなければ当然車は汚れていきます。本来ならば蓄積した汚れは塗装面にダメージを与えますが、ガラスコーティングを施工してあればガラスコーティングが犠牲となります。

つまり塗装の代わりにガラスコーティングがダメージを受けるので、ガラスコーティングの持続期間が短くなってしまいます。

また、ガラスコーティングを施工しても水ジミは発生します。水ジミが発生してしまうと専用のクリーナーかコンパウンドで磨く必要があり厄介です。さらに、せっかくのピカピカボディも台無しになってしまいます。

ガラスコーティングは汚れが付かないわけではなく、付きにくいコーティングです。定期的な洗車で、コーティングの持続期間を延ばしていきましょう。

POINT
POINT

ガラスコーティングの特徴

:汚れがつかない

:汚れが付きにくくなる

ガラスコーティング施工後の洗車方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ガラスコーティングした車はシャンプー洗車で大丈夫?洗車機は使える?
ガラスコーティングを施工した車って普通のシャンプー洗車でいいのか気になりますよね。また、洗車機は使っていいのでしょうか?このような疑問を丁寧に解説していきます。

 

水洗い洗車で落ちない汚れの除去

ガラスコーティング施工車は基本的に水洗いで問題ありませんが、水洗いでも落ちない汚れは当然出てきます。

その場合はそれぞれどのように対応したらいいのでしょうか?

水ジミは専用のクリーナーかコンパウンドで磨く

カーピカネットより引用

ボディにできる輪っか状のシミを水ジミといい、イオンデポジット・ウォータースポットとも言われています。

水ジミの原因は主に水に含まれるミネラルで、洗車後の拭き上げがしっかり行われていないと発生する場合があります。

この水ジミを落とすには、専用のクリーナーや研磨が必要になり非常に厄介です。洗車後の拭き上げは素早く行い、この水ジミの発生はできるだけ避けましょう。

しかし、普段気を付けていても水ジミが発生してしまうこともあると思います。その場合は、施工したガラスコーティング専用のメンテナンス剤を使って水ジミを除去しましょう。

ガラスコーティングを販売している会社は、水ジミ除去剤も一緒に販売していることが多いです。

施工したガラスコーティング専用の水ジミ除去剤を使ってしまうと、せっかく施工したガラスコーティングがくすんでしまったり落ちてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、研磨もガラスコーティングを削ることになるのでおすすめしません。

油分汚れはカーシャンプーで落とす

ガラスコーティングを施工していてもボディには汚れが付着します。

その汚れが砂埃程度なら水洗いでも落ちますが、頑固な油分汚れは水洗いで落ちません。

街中では車の排気ガスなどで、どうしても油分汚れは付いてしまいます。この油分汚れはボディのシミ・ツヤの劣化などに影響を与えるので長期間放置するのは好ましくありません。

油分汚れが気になる場合はワックスなどが入っていないカーシャンプーで洗車し、ガラスコーティング本来のツヤ・性能を取り戻しましょう。

まとめ

この記事では、ガラスコーティング施工後の手入れ・メンテナンス方法についてご紹介しました。

ガラスコーティングは手入れ・メンテナンスを行うことでより長くコーティングを持続させることができます。

一番の基本は定期的な洗車なので作業自体は簡単です。また、コーティングで汚れが落ちやすくなっているのでそれほど大変ではないはず。

ガラスコーティングの持続期間を延ばし、愛車にいつまでもピカピカの状態で乗り続けましょう。

タイトルとURLをコピーしました