中古車バブルの今が狙い目!

今、中古車買取価格は高騰しています。
車を売るには絶好のタイミングです。
しかし、しつこい営業は疲れますよね。
そこでしつこい営業が一切なく、高額で売れるサービスを厳選しました。
もちろん見積もりだけでもOK。

詳細はこちら

車のフロントガラスについた油膜や水垢(ウロコ)の落とし方とは?

洗車

 

雨の日のドライブはできるだけクリアな視界でドライブしたいですよね。

しかし、気がついたら対向車のライトがギラギラして見えづらいということがよくあります。またフロントガラスにウロコのようなものができてしまい、洗車してもなかなか落ちないという人も多いと思います。

これらの原因の多くは、フロントガラスに付着した油膜や水垢が原因です。この記事では、フロントガラスに付着した油膜や水垢の除去方法から予防する方法まで詳しく解説していきます。

 

油膜・水垢(ウロコ)の違い

フロントガラスに付着した汚れで洗車してもなかなか落ちず、視界の妨げになるものは主に油膜と水垢になります。

油膜と水垢は対応方法が異なるので、まずはそれぞれの違いについて把握する必要があります。

まず油膜ですが、雨が降った時に対向車のライトがギラギラしたりすることがありませんか?これが油膜です。ガラスが乾いている状態だと油膜はわかりません。

得洗隊より引用

油膜の原因は車の排気ガス、ボディのワックス、雨に含まれる汚れなどが考えられます。特に一番の原因は雨に含まれる汚れです。水分は蒸発してしまいますが、雨に含まれる汚れはそのままフロントガラスに残ってしまいます。梅雨の時期など、定期的な洗車ができないときは油膜が発生しやすいです。

次に水垢(ウロコ)ですが、このように白い模様のようなものを水垢と呼びます。この見た目から、ウロコとも呼ばれています。フロントガラスのみならず、サイドガラスやリヤガラスにも発生しやすいです。油膜と違い、ガラスが乾いていてもウロコがはっきりと見えれば水垢(ウロコ)といえます。

水垢(ウロコ)の発生原因ですが、基本的に油膜の発生原因と同じです。水垢(ウロコ)は、油膜がさらに悪化した状態で、水分の蒸発とともに硬くなっています。よって、油膜よりも除去は大変です。この水垢(ウロコ)は時間とともに厚みを増し、症状が悪化していくので発見した場合は早めに除去しましょう。

POINT
POINT

・油膜も水垢も、発生原因はほとんど同じ
・水垢は早めに除去しないと症状が悪化してしまう

油膜の落とし方

得洗隊より引用

油膜は水垢(ウロコ)よりも除去が簡単です。初期段階であれば、台所用洗剤で落とすことができます。スポンジをしっかりと泡立てて、スポンジでこすりましょう。

ただし砂やほこりがついた状態でこすってしまうと傷の原因になるので、事前の洗車をおすすめします。

これでも落ちない場合は専用の油膜取りを使いましょう。

油膜取りといえばキイロビンが有名です。ホームセンターやカー用品店でも目にすることが多いと思います。

油膜がきれいに取れると、全く水を弾かなくなります。

この状態でもいいですが、せっかくなのでフロントガラス専用のコーティングを施工しましょう。油膜がきれいに取れた状態でコーティングすると、コーティングがしっかりと定着しコーティング本来の性能が発揮されます。また、フロントガラスに直接汚れがつくのをコーティングが防ぐので、簡単に汚れを落とせるようになります。

ちなみにボディに使われるワックスやコーティング剤はフロントガラスに施工しないでください。成分が違うので、ワイパーのビビりに繋がります。

水垢(ウロコ)の落とし方

水垢(ウロコ)は水垢と違ってなかなか落ちません。油膜の初期段階は台所用洗剤で落とせても、水垢は落ちません。

そこでおすすめなのが、この水垢取りパッドです。

created by Rinker
オカモト産業(Okamoto Sangyou)
¥483 (2022/10/03 13:21:14時点 Amazon調べ-詳細)

使い方はとても簡単でです。

ガラスに付着しているほこりや砂を洗い流したら、水を少しつけてこのスポンジでこするだけです。スポンジに薬液が含まれており、 頑固な水垢も簡単に落とすことができます。

水弾きがなくなるまでこするのがポイントです!

画像右側はOKで、左側はまだ弾いているのでもっとこする必要があります。

ウロコがきれいさっぱり落ちました!ここまできれいに落ちると気持ちがいいですね。

油膜も落とすことができるので、キイロビンではいまいち油膜が落ちない場合はこの水垢取りパッドを使いましょう。

ウロコは油膜と違い、ガラスが濡れている状態では落ちているのか確認しづらいです。拭き上げ後、乾燥させてからウロコがあるか確認しましょう。

これでも落ちない場合は、カー用品店などに相談してみましょう。

油膜や水垢(ウロコ)がつかないようにするには?

油膜がつかないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

一番のおすすめは、定期的な洗車です。

油膜や水垢(ウロコ)の原因は文字の通り油や汚れであり、これらが蓄積されることで油膜や水垢が発生します。つまり蓄積される前に洗ってしまえば油膜や水垢は発生しません。時間がない場合は窓を拭くだけでも効果的です。

また、ワックスを使われている場合はガラスコーティングやポリマーコーティングに切り替えることをおすすめします。ワックスのツヤは確かに魅力的ですが、油膜や水垢の原因にも繋がるからです。

ポリマーコーティングは安いもので2,000円程度で販売しているので、ぜひ使用してみてください。最近のものは安価でもしっかりとしたツヤが手に入ります。

POINT
POINT

・定期的な洗車が油膜や水垢の発生を防ぐ!

まとめ

この記事では、油膜やウロコの落とし方から予防方法まで解説しました。

こまめな洗車が、油膜や水垢の発生を予防します。また、フロントガラス専用のコーティングもおすすめです。

水垢は一度ついてしまうとなかなか厄介です。定期的な洗車で、愛車を常にピカピカに保ちましょう!

ボディに付着した水垢やイオンデポジットの落とし方はこちらをご覧ください

【あっという間に落ちる?】車についた水垢やイオンデポジットの落とし方を徹底解説!
水垢・イオンデポジット・ウォータースポットの違いから落とし方をご紹介します。また、これらを予防する方法まで詳しく解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました