中古車バブルの今が狙い目!

今、中古車買取価格は高騰しています。
車を売るには絶好のタイミングです。
しかし、しつこい営業は疲れますよね。
そこでしつこい営業が一切なく、高額で売れるサービスを厳選しました。
もちろん見積もりだけでもOK。

詳細はこちら

【辛口評価】オートウェイ格安タイヤの評判は?実際にスタッドレスを購入!

カーメンテナンス

 

オートウェイは輸入格安タイヤをメインで扱っており、国産タイヤと比べるとその価格差は圧倒的です。

タイヤは高価なものなので、できることなら安く購入したいですよね。

しかしこれらのタイヤは安全に乗れる範囲にあるのでしょうか?またオートウェイの口コミ・評価はどうなのか?

この記事ではオートウェイの口コミ・評価を調査し、まとめました。さらに実際に輸入格安タイヤを購入して感じたこと、気になる性能面もご紹介します

 

オートウェイの口コミ・評判は?

オートウェイを利用した人の口コミを集めました。良い口コミ、悪い口コミそれぞれどんな意見があるのでしょうか?

◎良い口コミ・評価

・初めてオートウェイ使ったけど使いやすくていいね。
・正規ディーラーとオートウェイの価格差にびっくり。
・ナンカンのスタッドレスタイヤはコスパ最強!
・タイヤがすごく安いのに対応もすごく丁寧で感謝しています。
とにかく安くてコスパがいいという口コミが目立ちました。安いにも関わらず、対応の良さでも高評価を得ているようです。
またタイヤの種類も豊富なので、タイヤごとの口コミ・レビューを参考にタイヤを購入しているという意見もありました。
POINT
POINT

タイヤが安く、対応も丁寧で安心!

✖悪い口コミ・評価

・ナンカンタイヤを購入したけど乗り心地があんまり・・・
・在庫ギリギリのものを買ってしまって少し心配。
オートウェイはナンカンなどの輸入格安タイヤをメインで扱っているため、国産タイヤに比べると多少性能は劣ってしまうようです。しかし価格は国産タイヤと比べると大幅に安いので、コスパは高いかと思います。
格安タイヤでも安全に乗れる範囲にありますが、心配な場合はタイヤのレビューを参考に決めるのも一つの方法ですね。
またタイヤの製造年が心配な場合は問い合わせてみましょう。基本的にタイヤには1本ずつ製造年月が記載されています。(タイヤは溝が残っていても経年劣化でゴムが硬くなり、次第に性能が落ちてしまいます。)
他にも悪い口コミ・評価を探しましたが、良い口コミ・評価に比べると少なくなかなか見つかりませんでした。

👇👇👇

AUTOWAY公式サイトはこちらから

👆👆👆

POINT
POINT

・国産タイヤに比べると多少性能は落ちるが、価格は圧倒的に安い。

・悪い口コミ・評価は少ない。

実際に輸入タイヤを購入

購入したタイヤ

実際に購入したタイヤはこちら。

MAXTREKのTREK M7 というスタッドレスタイヤです。サイズは225/55R19。

タイヤ1本あたり13,320円(税込み)、4本で53,280円(税込み)とかなり安いです。

レビューもそこそこの評価で、雪道でも問題なく走れるとの声が多かったのでこのタイヤに決めました。

MAXTREK(マックストレック)を選んだ理由

MAXTREKは2006年に中国で創業したメーカーです。歴史は浅いですが、設備投資を積極的に行い、幅広いタイヤ開発力を有しています。

特別MAXTREKに惹かれたというわけではなく、19インチというサイズ(19インチのスタッドレスタイヤはなかなかありません)かつ低価格で雪道でのグリップ力があるタイヤを探していたところ、このタイヤにたどり着きました。

もちろん中国メーカーということで多少の不安はありました。

しかし国産タイヤと比べると圧倒的な価格差で、どのくらい性能が異なるのか気になってしまい実際に購入することにしました。

 

気になる性能は?

実際にMAXTREKのスタッドレスタイヤを購入後、2シーズン使用しました。

ドライ路面、ウェット路面、雪道など様々な条件で走行済みです。

普段雪があまり降らない地域に住んでいますが、スタッドレス性能を検証するため、このような雪道も走行してきました。ちなみに気温は-7°です。

私が住んでいる地域では考えられない気温なので、面白い検証となりました。

乾いた路面での性能

評価:〇

私が住んでいる地域は雪がほとんど降らないのでドライ路面での走行がメインとなりましたが、グリップ力など特に不安になる要素はありませんでした。

問題なく使用できたので評価は〇としました。

濡れた路面での性能

評価:〇
雨の日はスリップが怖いですが、このスタッドレスタイヤは新品で購入したということもあり全く問題ありません。
濡れた路面でのグリップ性能はタイヤの溝高さに大きく影響されるので、たとえ国産タイヤでも溝が減ったタイヤの場合は早めに交換しましょう。

静かさ

評価:✖
スタッドレスタイヤはロードノイズが発生しやすいですが、特にこのタイヤはロードノイズが大きかった印象です。
しばらく乗っていれば気にならなくなりますが、静かなドライブを求める人にはお勧めできないタイヤです。

乗り心地

評価:〇
夏タイヤからスタッドレスタイヤに交換して、乗り心地が悪化するということはありませんでした。
乗り心地の変化はタイヤブランドの違いというよりも、偏平率や車の足回りが大きく影響するのかもしれません。

燃費性能

評価:△
夏タイヤからスタッドレスタイヤに交換し、平均燃費が約1~2km/L減少しました。
スタッドレスタイヤは夏タイヤに比べて燃費が落ちる傾向にありますが、今回は厳しめの評価をつけたいのであえて△にしてあります。

雪道でのグリップ力

評価:△
気になる雪道でのグリップ性能ですが、雪が少し積もってる山道をFF車で登っても特に問題ありませんでした。
しかし国産タイヤと比較すると多少グリップ感が足らず、少し無理をするとアンダーステア傾向(車が曲がりづらい傾向)にありました。

総合評価

評価:〇
ドライ性能
ウェット性能
静粛性
乗り心地
燃費性能
雪道性能
ドライ性能、ウェット性能、静粛性、乗り心地、燃費性能、雪道でのグリップ力をそれぞれ比較しましたが、総合評価としては間違いなく〇です。
国産タイヤと比較すると劣る部分もありますが、購入時の価格を考えると大満足です。
スタッドレスタイヤなので、雪道で使い物にならなかったらどうしようと不安な部分もありましたが、多少の雪では全く問題ありませんでした。

格安タイヤは危険!?

格安タイヤは安全性に欠けるというイメージを持つ方もいるかもしれませんが、必ずしも安いタイヤ=危険というわけではありません。

メーカーによっては新車の純正タイヤに輸入タイヤが使われることも珍しくありません。

具体的には

・ネクセン⇒フォルクスワーゲン、ポルシェ、スズキ、三菱
・ハンコック⇒メルセデスベンツ、ダイハツ
・クムホ⇒BMW、メルセデスベンツ、スズキ、三菱
これらの自動車メーカーで採用されています。
輸入格安タイヤでも、その安全性は自動車メーカーに認められているということですね。

オートウェイで人気の格安タイヤとは?

オートウェイが取り扱う輸入格安タイヤの中で、高品質かつ低価格でとりわけ人気のあるブランドがNANKANG(ナンカン)とATR RADIAL(エーティーアール ラジアル)です。

NANKANG(ナンカン)・・・台湾で最も実績のあるメーカー。高品質低価格で、輸入格安タイヤの決定版となっています。国産タイヤと遜色ない品質が評価され、レースでも使われることが多いです。国内でも愛用者が増加中。

ATR RADIAL(エーティーアール ラジアル)・・・天然ゴム産地でもあるインドネシアに工場を構え、そのタイヤ性能はドリフト競技でも高く評価されています。特に制動力は他と比較しても群を抜いています。スポーツタイヤならATRがおすすめです。

これらのメーカーは国内でも特に評価されており、選んでおけばまず間違いないと言えるでしょう。
初めて輸入格安タイヤを購入する場合は、NANKANGかATR RADIALをおすすめします。

👇👇👇

AUTOWAY公式サイトはこちらから

👆👆👆

オートウェイ利用方法はこちらから👇👇👇

【購入から取付まで簡単!】AUTOWAY(オートウェイ)の利用方法を徹底解説!
【タイヤってこんなに高いの!?】 車のタイヤを初めて購入するとき、このように思った人も多いはず。 実はタイヤを購入する方法・お店によって、価格は大きく変わってきます。 その中でも輸入格安タイヤが豊富なAUTOWAYですが、...

オートバックやイエローハットとネットのタイヤ価格を比較した記事はこちら👇👇👇

ネットで買うタイヤは本当に安いのか?タイヤが一番安く買える方法・お店とは?
車を安全に走らせるためにも、溝が減ったタイヤや古くてヒビが入ったタイヤは早めの交換が必要です。 しかし、タイヤ4本交換となるとかなりの金額になります。なかなか高い買い物です。 そんなタイヤですが、同じ商品・同じ品質なら当...

 

オートウェイ格安タイヤの評判まとめ

この記事では、オートウェイの評判を集めご紹介しました。

また実際に格安タイヤを購入し、価格や性能面で問題がないか、おすすめできるかまで検証しました。

輸入タイヤは国産タイヤと比べて圧倒的に安いですが、普段乗りで使う分には全く問題ありません。

タイヤ購入を検討しているなら、ぜひオートウェイを利用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました