中古車バブルの今が狙い目!

今、中古車買取価格は高騰しています。
車を売るには絶好のタイミングです。
しかし、しつこい営業は疲れますよね。
そこでしつこい営業が一切なく、高額で売れるサービスを厳選しました。
もちろん見積もりだけでもOK。

詳細はこちら

【迷ったらこれ!】CCウォーターゴールドの使い方・耐久性・評価を徹底解説!

コーティング

 

コーティング剤は種類が多くて迷っちゃう・・・

ホームセンターやカー用品店、ネットでコーティング剤を見てみると、様々なコーティング剤があり迷ってしまいますよね。

そんな方におすすめしたいのがCCウォーターゴールドです。

CCウォーターゴールドはツヤ・撥水性・施工性・耐久性すべてのバランスが優れており、コーティング剤選びに迷っている方や初めて購入される方におすすめしたい商品です。

この記事では、CCウォーターゴールドの成分・使い方・ツヤ感・撥水性・耐久性・総合評価をご紹介します!

 

CCウォーターゴールドの特徴

製造元は洗車用品で有名なプロスタッフ

CCウォーターゴールドは洗車用品で有名なプロスタッフの商品です。創立から100年を迎えたプロスタッフですが、一番の有名商品はやはりキイロビンです。

40年以上のロングセラーを記録しているキイロビンは全日本交通安全協会の推奨品になるほど。

その経験と実績をもとに多くのカーケア商品を開発・販売しているのがプロスタッフです。

ツヤ重視の成分

CCウォーターゴールドの成分は浸透力の高いコーティング成分のガラス系ナノコロイドにガラス系濃艶プレミアム成分を配合。Wコーティング効果で深いツヤと透明感溢れる輝きを得ることができます。

また重ね塗りでより分厚い被膜を形成するので、コーティングの効果が落ちてきた段階で再度施工することをおすすめします。結果、使うごとにツヤが増していきます。

ツヤ重視の成分なので特に濃色車の方はその効果を実感しやすいと思います。

簡単施工かつ様々な箇所に使用可能

CCウォーターゴールドはボディはもちろん、ヘッドライト・ホイール・メッキ・ダッシュボード・未塗装樹脂部分にも使用可能です。また使用方法はシュッと直接スプレーして拭き上げるだけのカンタン作業です。

これだけの様々な箇所に使え、簡単に施工できるのがCCウォーターゴールドの魅力の一つになります。

公式ページにはウインドウにも使用できるとありますが、油膜・ワイパーのビビりにつながるためお勧めしません。ウインドウにはガラス専用のコーティング剤がおすすめです。

おすすめのフロントガラスコーティング剤はこちら

レビューはツヤ・撥水性・耐久性で高評価が多い

Amazonのレビューを確認してみると、やはりツヤ・撥水性・耐久性・価格すべてのバランスが優れているというコメントが多い印象です。

また今まで様々なコーティング剤を使用してきたが、最終的にはこの商品にたどり着くといったコメントも。

「みんカラ」でパーツオブザイヤーのカーケア・コート剤部門でランキング大賞を連続受賞しているのも納得です。




施工方法

公式サイトによる施工方法は以下の通りです。

・洗車後の濡れたボディにスプレーし水ごと拭き上げてください。
・より一層光沢を出したい場合は、ボディが乾いた状態で使用してください。
・スプレーは50cm四方につき1プッシュ。
※車内やパネルの隙間等、液の飛散やふき取りが困難な箇所は直接スプレーせず、クロスにスプレーして使用してください。
※ムラになった場合は、きれいな布を濡らして固く絞った状態でムラを拭き取ってください。

今回はどのくらい光沢が発生するか確認するため、乾いた状態でスプレーしていきます。スプレー後、ムラがなくなるまで拭き上げましょう。

※今回は施工前と施工後を比較するため、マスキングで分けています。

 

得られるツヤ感は?

施工前と施工後でどのくらいツヤが変化したのか確認していきましょう。

マスキングを取り、左右でどのくらいの差があるか確認していきます。

写真でも確認できるツヤが発生していますね。ツヤ重視の成分が効果を発揮している印象です。

施工後のほうが、より深みのあるツヤになっています。



どのくらい撥水する?

施工前と施工後でどのくらい撥水性が変化したのか確認していきましょう。

霧吹きを使って水を全体にかけてみました。

ボンネット右半分(施工済み)のほうが水玉がきれいで、撥水しているのがわかります。

撥水は小さな粒として撥水するというよりも、少し大きめな粒として撥水している印象です。

濃色車は水の残りがイオンデポジットやウォータースポットの原因になるので、水はけのよさは重要です。

何日くらい効果が持続するの?

ツヤ・撥水は何日くらい持続するのでしょうか?

このまま外に放置し、4週間後のツヤ・撥水性の変化を確認していこうと思います!

まずはツヤを確認していきます。

左側が未施工、右側が施工済みとなります。目視で確認できるツヤはなくなってしまいましたね。

施工後2週間くらいがツヤ効果持続の目安となりそうです。

次は撥水性を確認していきます。

こちらも撥水性はかなり落ちておる印象です。

ただし左右で若干の違いが見られるので、コーティング剤の効果が完全に落ちているわけではないようです。

施工後3週間くらいが撥水効果持続の目安となりそうです。



総合評価

今回CCウォーターゴールドの性能を検証し、おすすめ度・コスパ・ツヤ感・撥水性を10点満点で評価してみました。

おすすめ度:9点
コスパ、施工性、ツヤ感、撥水性においてバランスが良く、間違いのない商品です。定番商品のため、迷ったらこれ一択です。

コスパ:10点
簡易コーティング剤の中では比較的リーズナブルな価格設定です。また、詰め替え専用ボトルも販売されているので、2回目以降はさらに安く購入できます。

ツヤ感:9点
簡易コーティング剤の中では十分なツヤを発揮しています。濃色車は施工後、違いがわかるレベルです。

撥水性:9点
キレイな水玉になり滑らかに水が流れていきます。この価格帯でこの撥水性能なら十分と言えるでしょう。

 

まとめ

この記事ではCCウォーターゴールドについてご紹介しました。

CCウォーターゴールドはとにかくバランスの優れた商品です。何か目立った性能があるわけではないですが、「全体的に高パフォーマンス」そんな商品です。

このブログでは、コーティング剤のおすすめランキング記事をございます。

気になる方はぜひこちらもご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました