中古車バブルの今が狙い目!

今、中古車買取価格は高騰しています。
車を売るには絶好のタイミングです。
しかし、しつこい営業は疲れますよね。
そこでしつこい営業が一切なく、高額で売れるサービスを厳選しました。
もちろん見積もりだけでもOK。

詳細はこちら

オイル交換が一番安いのはどこ?徹底解説!

カーメンテナンス

この記事はこんな人におすすめ!

・どんなところでオイル交換できるのか知りたい
・一番安くオイル交換できる方法を知りたい

 

オイル交換は最低でも1年に1回の交換が推奨されています。しかし、品質が同じなら一番安いところで交換したいですよね?

この記事では、そもそもオイル交換ができる場所はどこなのか、一番安くオイル交換できる方法はどこなのか丁寧に解説します。

 

そもそもオイル交換は必要なのか

結論から言うと、オイル交換は必ず必要です。

しかし、車検の時しかオイル交換していないけど今のところ不具合ないよ?という方もいるかもしれません。

確かに、オイル交換を2年に1度にしたからといってすぐクルマが壊れることはほとんどありません。けれどオイル交換を怠るとクルマに少しずつダメージが蓄積され、最終的にはクルマの寿命を縮めることになります。

このエンジンオイルには、大きく5つの役割があります。

1.潤滑作用…エンジンを円滑に動かす
2.冷却作用…過熱によるオーバーヒートを防ぐ
3.密封作用…本来のエンジンパワーを発揮させる
4.洗浄作用…エンジンの汚れを吸収する
5.防錆作用…サビを防いで劣化を防ぐ

これだけの効果があるエンジンオイルを交換しないと、エンジンにどのくらい負荷がかかるかなんとなく想像できますよね。

トラブルなく愛車に乗り続けたい方はオイル交換を必ず行いましょう。

POINT
POINT

エンジンオイルには様々な効果があり、オイル交換を怠ると愛車の寿命を縮めてしまう




DIYならオイル交換費用が一番安い

クルマに全く興味のない方は難しいかもしれませんが、DIYでオイル交換する場合が一番費用を抑えられます。

安くなる理由として

①工賃がかからない
②同じオイルでも店舗で買うよりネットのほうが圧倒的に安い

この2つがあげられます。

特に②のオイル販売価格は重要です。カー用品店などは工賃無料の場合もありますが、オイル販売価格はネットよりも高いため、この部分で大きな差が出てきます。

Amazonではカストロールという有名ブランドのオイルも4L:2,000円~購入することができます。

また、高品質な高級オイルも格安で購入して交換できるのもDIYの魅力です。本来はディーラーでしか交換できない純正オイルでもネットなら購入可能です。

交換作業自体はそれほど難しくなく、クルマが好きな人なら問題なく作業できるレベルかと思います。

車種が違っても基本的な作業は同じです。実際にオイル交換した記事はこちら

【DIYでできる?】CX-5のオイル交換のやり方・方法は?徹底解説!
エンジンオイルの定期的な交換はエンジンを長持ちさせるには必須です。 しかし純正オイルで交換となると、ディーラーでしか交換できなかったりと意外に費用がかかります。 20代前半の僕にはオイル交換費用もなかなか痛いものなのです。 ...

DIY以外で安くオイル交換できるのはどこ?

オイル交換ができる場所として、身近なところだとディーラー、ガソリンスタンド、カー用品店(イエローハットやオートバックス)があげられます。

この中で一番安くオイル交換ができるのは、カー用品店です!!

イエローハットの費用、品質はこちら

イエローハットでオイル交換は本当に安いのか?費用、品質は?
イエローハットのオイル交換費用、品質はどうなのか、徹底解説します!

店舗でオイル交換を安く済ます方法として、工賃が安い場所を選ぶというのがポイントになります。

オートバックスとイエローハットは工賃がたったの550円です!

またポイントカードを作ればどちらも工賃が無料になり、一番安くオイル交換できるのはカー用品店と言えるでしょう。

しかしこれは費用のみを考えた場合で、オイルの品質やサービスの質を考えたら純正オイルを選べるディーラーが一番になります。

つまりどこで交換するのがベストなのかは人それぞれということです。

「自分はどこで交換すればいいの?」という方に向けて次の項目で詳しく解説します。

POINT
POINT

DIY以外で一番安くオイル交換できるのはカー用品店!




自分に合うオイル交換場所は?

ディーラー、ガソリンスタンド、カー用品店(イエローハットやオートバックス)はそれぞれどんな特徴がありどこが違うのか?

それぞれの特徴を見ていきましょう。

ディーラー

クルマをディーラーで購入した場合、車検やオイル交換をそのままディーラーで行っている人も多いと思います。

ディーラーのメリットとして

・プロが作業してくれるので安心
・品質が確かな純正オイルで交換してもらえる
・そのほか不具合があればほとんど解決してくれる(カー用品店やガソリンスタンドでは対応してもらえない場合も)
・丁寧な接客
があげられます。

デメリットとしては

・費用が高い
・オイルの種類が選べず、高い純正オイルを購入しなければならない
・予約は必須
・車の買い替えやそのほかの部品交換なども進められる場合がある

があげられます。

費用が高くても丁寧な接客、高品質なオイル交換を求める人はディーラーでオイルを交換しましょう。

ガソリンスタンド

ほとんどの人がガソリンスタンドで給油や洗車をしたことがあると思います。このガソリンスタンドでは、ほとんどの店舗がオイル交換やタイヤ交換などのメンテナンスも受け付けています。

ガソリンスタンドのメリットとして

・気軽に利用できる
・ディーラーに比べれば安い

があげられます。

デメリットとしては

・あまり作業に慣れていないバイトが担当することもある
・カー用品店に比べると費用が高い
・純正オイルを購入できない場合もある

があげられます。

とにかく早く、手軽に済ませたい方はガソリンスタンドをおすすめします。

カー用品店(イエローハットやオートバックス)

クルマにあまり興味のない方は、イエローハットやオートバックスなどのカー用品店にほとんど行かないかと思います。

しかし、ディーラーやガソリンスタンドよりもカーグッズの品揃えが優れていて、見ているだけでも楽しいのでぜひ足を運んでみてください。

カー用品のメリットとしては

・ディーラーやガソリンスタンドよりも工賃が安い
・店内には様々なカーグッズがあり、作業時間も楽しく時間をつぶせる
・純正オイル以外にも様々なオイルを選べる

があげられます。

デメリットとしては

・純正オイルを購入できない場合もある
・土日や長期連休は予約しないと長時間待つ可能性がある

があげられます。

とにかく費用を安く済ませたい方はカー用品店でオイルを交換しましょう。

 

POINT
POINT

・高くても高品質を求める
➡ディーラー

・手軽さを求める
➡ガソリンスタンド

・とにかく安く済ませたい
➡カー用品店




まとめ

今回は、オイル交換が一番安い場所やオイル交換場所の特徴についてご説明しました。

もっとも費用を抑えられるのはDIY、店舗で交換する場合はカー用品店がおすすめです。

ぜひ自分にあった場所を選んでみてくださいね!

イエローハットでのオイル交換費用、品質についてはこちらの記事でご紹介しています。

イエローハットでオイル交換は本当に安いのか?費用、品質は?
イエローハットのオイル交換費用、品質はどうなのか、徹底解説します!
タイトルとURLをコピーしました